正規店で修理すると中身は初期化される

スマホが壊れた時に修理する場合、多くの人はスマホを購入した正規店に依頼する傾向にありますが、正規店で修理を行うと基本的にスマホの中に有るデータはすべて消えることになります。正規店での修理は店頭で受け付けた後、スマホのメーカーが所有する工場に送って修理することになりますが、メーカーでの修理というのは基本的に製品を工場から出荷する状態に戻す形になるからです。スマホの中に大切なデータが残っている場合は消えてしまうことになるため、正規店へ修理を依頼する場合は可能であればクラウドやSDカードなどに消したくないデータを避難させておく必要があります。

また正規店での修理はメーカーの工場への発送で1週間、修理が完了したスマホをまた送り返してもらうのに1週間ほど掛かるため最低でも2週間以上掛かってしまうことになります。すぐにスマホが使えないと困るという場合には正規店の修理は適しているとは言えません。

急いでいる時はスマホ修理業者を使う方法もある

実は正規店以外にもスマホを修理できるお店があり、それがスマホ修理業者になります。スマホ修理業者では壊れたパーツを、代替可能なほかのパーツに置き換える形で修理するため、場合によってはパーツ同士の相性が悪く不具合が出てしまう可能性もありますが、店内に有るパーツを使って店頭ですぐに修理してもらえる事も多く、持ち込んだその日に修理が終わる事も多い傾向にあります。またスマホ修理業者はスマホ内のデータを消さずに修理可能な場合が多く、中のデータを消さずに直したい時に非常に頼りになる選択肢となりえるでしょう。

スマホ修理の静岡でするにはどこで修理を行っているか、知る必要があります。ネット検索も大切ですが、実際の店舗の様子を知ることは依頼をする上でも安心感を得られます。口コミ情報も参考になります。